So-net無料ブログ作成

交通マナーどこまで知ってる?? [KYOKOと乗り物]

今年の、お盆休みは、高速道路の、マナーの悪さを、よく目にしだしました、
私自身忘れてたことも多いため、
今一度確認したいと思います!
 
探してたら、面白いサイトがありましたので、ご紹介しますね!
 
 
 
クイズ形式で高速道路の安全走行に必要な基礎的 マナー 参照
 
(答えは、下の、URLで、確認してね!)
 
 
次の高速道路の交通ルール等に関する設問について、
適切と思われるものには○、そうでないものには×をつけてください。
問1 標識や標示で速度が指定されていない場合の高速自動車国道の
本線車道における普通乗用車の最高速度は、時速100キロである。
問2 標識や標示で速度が指定されていない場合の自動車専用道路に
おける普通乗用車の最高速度は、時速60キロである。
問3 図1は本線への流入方法を示しているが、Aのほうが適切である。
問4 地図を見るためであれば、路肩に駐車してもよい。
問5 路線バスの停留所は、運行時間外であれば路線バス以外の車も駐停車できる。
問6 高速自動車国道では、ロープによる故障車の牽引はできない。
問7 高速道路の本線車道では、転回したり後退することはできない。
問8 渋滞時において前方のインターチェンジから流出する場合には、
路肩を走行して流出してもよい。
 
次の各設問の(①)~(⑥)にあてはまると思う語句
を下欄から選んで、その記号を記入してください。
問1 図2のA(レーンマークの長さ)は約(①  )
メートル、B(レーンマークの間隔)は約(②  )メートルである。
問2 非常電話は、トンネル内を除いて通常は
(③  )キロメートルごとに設置されている。
問3 高速道路での車間距離は、時速100キロであれば
(④  )メートル以上とるのが安全だといわれている。
問4 タイヤの空気圧が低い状態で高速走行すると、(⑤  )が発生しやすい。
問5 高速道路は視界が開けていることもあって、
実際よりも速度を(⑥  )感じやすい。
(ア) (イ) (ウ) (エ) (オ) 10
(カ) 12 (キ) 50 (ク) 80 (ケ) 100  
(コ) ハイドロプレーニング現象 (サ) スタンディングウェーブ現象
(シ) 速く (セ) 遅く  
 
 
実は交通違反です!
 
昔は、現行犯逮捕は、難しかったですが、今は、カメラの時代!!
今のところ、いちいち連絡してきませんが、やり過ぎると、カメラの、証拠で、後から、呼び出しもあるかもしれないです。
(今、一部の、交通違反は、カメラ撮影で、顔まで写って、呼び出しされます。)
 
 
(1)高速道路の車間距離を空けていない(100km/hなら100mの車間距離が必要)
 
(2)後続車が近づき追い抜こうとしたときにスピードを上げたり左によらなかったり
   と邪魔をする
    (煽り運転行為)
 
(3)追い越し車線を走り続ける
  (以外にやりがちですが、違反です。
   基本的には、追い越したら、戻ることになってます。
     追い越し車線で、トロトロ運転も、ダメです!)
 
(4)高速道路でのガス欠
   (最近は、電気自動車が危ないです!冷房、暖房入れると、
    電気消耗激しいです、モーターですから。)
 
(5)むやみにクラクションをならす
   (自転車もそうですが、むやみに、鳴らすのは、ただの子供です。)
 
(6)本来は、対向車、歩行者がいるときのロービーム、いないときの夜間のハイビーム
   逆の覚えてる方が多いですが、、ダメです!!
 
(7)サンダルやハイヒールでの運転
    (教習所で、習ったかな)
 
(8)高速道路で左側からの追い越し
    (知らないと大惨事や、あおり運転の、標的になります)
 
 
運転手同士マナー
(義務じゃないけど、マナーとしてね!)
 
 
 
・渋滞の合流は1台ずつ合流
 
(ジッパー方式と言うそうです!)
 
・右折時はギリギリまで中央に寄せて待つ、右折信号がでたら即座に右折する
 
(後方の車両に、自分の意志を伝える方法でもある!)
 
・高速道路で前が詰まっているのに気づいたらハザードを点灯して後続車に教える
 
(追突防止になります!少し早いぐらいでも、高速時は、いいかも!)
 
 
・視界が悪い時にはライトをつける
 
(切りなどの時は、対向車が確認できなくて、正面衝突!追突!等になりやすいです!)
 
 
・対向車、前方車があるときはハイビームをつけない
 
(対向車の、視界を塞いで、事故の原因を、つくってしまってます。)
 
 
・道を譲ってくれたときにはお礼をする(ハザード点灯、会釈、手を上げる等)
 
(この方法は、今のドライバー、サンデーなんかは、意味が解らなくて、混乱する方が多いようで、
やらない方が良いという話も出てます。)
 
 
・信号待ちで左側に脇道がある場合はその道をふさがないように空けて停車する
 
(臨機応変です、緊急車両の出入りの場所は、当然止めない事です!
車が出てきてるときは、意地悪しないで、入れるべきですが、
たまに、バイクや、自転車、子供、等が、側道を走り抜けて、
事故になるときもあります。最近多いかな、)
 
 
 
 
全部知ってましたか?又は、守ってましたか??
 
自動車運転は、リアルな現実世界です、個人的な快感の物ではありませんので、
『ゲーム感覚、いつでもリセットできる』などと言う、
感覚は、持たないで、頂きたいです。
 
現実世界は、リセットなどなく、
事故・違反を犯せば、自己責任として、何らかの責任を負うことになるんです。
 
 
責任をもって、ハンドルを握りましょう!
貴方の安全を、気にかけてる方、貴方のハンドルに、命を預けてる方もいます。
 
 
自分に課せられている、責任を認識しましょう!!
 
では、楽しいカーライフをお過ごしください!
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。