So-net無料ブログ作成
KYOUKOとミシン ブログトップ
前の10件 | -

アルカンターラをミシン縫い!! [KYOUKOとミシン]

ノンアパを中心に仕事してまして、

アルカンターラの生地を最近扱いました、


覚え書きなんですが、、

もしアルカンターラをミシン縫いするかたが居ましたら、参考になるかな??

と、メモ程度に、書いておこうと思います。



まず、


アルカンターラとは、


アルカンターラの組成



耐久性と洗濯クリーニング性が高い。


外観と触感は 天然スエードに近く、取り違えることもあり得るほどである。

また一部の製品は家具や自動車内装用途における難燃基準に適合した加工が施されている。



IMG_3346.JPG





単純に、車のシートなどに使われてる、限りなくスエードに近い合成皮革

と言う事です。


エクセーヌが、ブランドです。





特徴としては、硬いです!

手縫いは、かなり気合が居る事でしょう!!【私ならやりません!!】


ミシン縫いも、職業用ミシンを最初使ってましたが、

糸調整だけで、一苦労しましたので、

工業用ミシンに乗り換えました!【パワーが違います!!】




IMG_3341.JPG


しかし、



生地などを重ねて縫うと、糸飛びや、糸切れが、始まりました!!

ひ~~~!!Σ(・□・;)



原因は、ミシン針に、接着剤が、こびりついてしまうようです、、、

仕方ないので、少々値段は、張りますが、

コーテング針に変えました!だいぶ違いますが、

他にも、滑りをよくするために、色々調整しました。



IMG_3344.JPG



IMG_3342.JPG

滑りやすいようにするスプレーを、かけまくりです!!


ミシン台にもかけました!!



IMG_3348.JPG


上糸も、途中に、を噛ませました!!



これで何とか、縫い勧められます、、、


上記は、オプションで、

まずは、基本の糸調整が、しっかり出来てからの、話ですよ!!




IMG_3365.JPG


おおよその形です。

このシートは、接着張りなので、普通のシートとは、違い

着せてから伸ばして、接着固定します。

少しがばがばですね、、(笑)

趣味で、やってるので、調整していきます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロックミシンがやってきた!(かがり幅 送り幅) [KYOUKOとミシン]


ロックミシンを、

ヤフーで、購入しました!!


ロックミシンの、購入目的は、生地のホツレ止めです。

生地にもよるのですが、バラバラとほどけてくる生地の端を、かがることで

扱いやすくします。


近いところで、Tシャツなどを裏返すと、縫い目が、ロックミシンで、縫われてたりします。

薄い生地の、端の処理と、本縫いをいっぺんにしてくれる感じでしょうか?




image7.jpeg



今回私の購入したのは、ジュウキMO-630Dの中古です!

1本針、3本糸です!!


今は、もっとイイのが沢山出てますが、ノンアパが多い私には、

このぐらいでも、持て余す感じですね。


他にも、2本糸から5本糸まで、いろいろ中古が出回ってました!!




image4.jpeg


ロックミシンは、糸も多いですが、

調整つまみも多いです!




ロックミシンの、縫い目です!!

s_2_vcp30_img_box3-0_vcp30_Img_box3-001.jpg


細ロック



s_0_vcp30_img_box3-0_vcp30_Img_box3-001.jpg


縁かがり



s_1_vcp30_img_box3-0_vcp30_Img_box3-001.jpg

全巻き








今回私の購入したのは、ジュウキMO-630Dの中古です

1本針、3本糸です!!


今は、もっとイイのが沢山出てますが、ノンアパが多い私には、

このぐらいでも、持て余す感じですね。


他にも、2本糸から5本糸まで、いろいろ中古が出回ってました!!






ロックミシンは、糸も多いですが、

調整つまみも多いです!


一番上の1~4は、送り調節ツマミ ( かがり幅)


普通は、  3


2番目の0.7~2は、作動送り調節ツマミ  


伸びやすい素材には、縮み縫い
ダイアルを2.0へ回す

布の浪打ちが防げます

縮みやすい素材には、伸ばし縫い
ダイアルを0.7へ回す

布の縫いじわが防げます。



普通は、   N



s_0_vcp30_img_box3-0_vcp30_Img_box3-001.jpg


赤線から赤線までが、かがり幅(今回記載してません)

青線から青線までが、送り幅です!





少し作動になれるまで、色々縫ってみようと思います!


IMG_3335.JPG


作動送り調整つまみは、Nの状態で、送り調整つまみを変えました。

送り幅  青線の幅が、変えられます。





IMG_3336.JPG


送り調整つまみを、3にして、作動送りツマミを変えました。

生地が変わらないと解んないですね。( ´艸`)




伸びやすい素材には、縮み縫い
ダイアルを2.0へ回す

布の浪打ちが防げます

縮みやすい素材には、伸ばし縫い
ダイアルを0.7へ回す

布の縫いじわが防げます。



美しい縫い目を、作れる!

と言う、宣伝文句が、ついてました!!


一度何かを、試作したいとおもいます!!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハトメの練習 [KYOUKOとミシン]

前回、草案を作ってた、ヒップバック!!

ハトメを使って、ひもを通す穴を開けようか??と思い


何となく無作為に穴の練習をしてみました。


 


 ハトメ!!をしってるだろうか??


ひもや金属金具を通すとき、生地が切れないように、


補強できる優れたアイテムです!!



 道具としては、簡単なところで、


こんな感じです!!今回使ったハトメは、100均の安物ですが、


いろんな小物が出てます!!


(見に行ってるだけで、楽しくて、1日過ぎます( ´艸`))


 



 まずポンチで、穴あけ加工します!!


見合った穴を開けれるように、数種類の、アダプターがあるタイプもあります。


 


 


 



 今回は、皮のハギレがありましたので、


皮のハギレで、試したいと思います!


ポンチで、穴を開ける時は、下に、ゴムマットを敷きましょう!


机が、穴だらけになります(;^ω^)


 


 


 



 空いた穴に、金具を入れます!


 


 


 



 専用工具!!今回は、ハサミ型ですが、


数種類ありますから、用途によってそろえると楽です!


 


 


 


 



 金具にセッティングします!!


そして、ギュ~~~っと、工具を握ります!!


 


 


 



 こんなかんじになります!!


良く、見かける形だと思います!!


 


 



 練習なので、ポチポチ開けて、ハトメを付けて行ってみます。


 


 


 


 



 途中で、生地の違うもの同士を合わせたりして、


イマジネイションを、混ぜ混ぜしていきます。


(無駄って大事なのよ、、)


 


ハトメの金具が付くだけで、『グッと!』商品的ななります。


ヒップバックの草案に、どう入れていくか?まだ、不明状態ですが、


楽しんで作りたいと思います。


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒップバックの草案 [KYOUKOとミシン]


かなり久しぶりに、


創作意欲が出てきましたので、


アイデアを、書こう!!と思ったんですが、


グニャグニャした感じでしたので、ハギレで制作してみることにしました!!


 


 




 


丁度、椅子ようの、ハギレが余ってました。


今回は、ヒップバックで、


用途は、メモ帳入れ、、小物入れ、を作りたいと思いました。


 


これは、アイデアなので、制作は、雑です、、


商品にする時は、もっと丁寧に装飾、裁縫を考えますが、


アイデアが逃げないうちに、だいたいの形、をつくりたいとおもいます。


 


 


 


 



 


今回の記事は、裏地付きなので、手間いらずです。


 


 



メモ帳に合わせて裁断していきます。


 


 



 


まずは、袋を制作!!


メモ帳が、入るか、確認!


装飾も、後から考え中!


 


 


 


 



だいたいの形です。


安全ピンでとめてますが、此処は、変更する予定です。


最初蓋を付けるか悩みましたが、蓋があった方が、落とさなくていいかな?


と、思いました。


 


 


 


 



結構余裕で、入りますが、


仕切りポケットが、有るとイイかな?


 


 



とりあえず、腰に下げて、ウォーキングしてみましたが、


パタパタする感じもあります。


付ける場所なのか??


 


取付部も、リングにしましたが、ベルト設定の、衣類に


しか使えないことも判明


まだまだ改良です、、


草案としては、まずまずかな、、、


 


 もう少し、コネコネ練ってみます。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アンティーク ミシン (リッカーミシン) [KYOUKOとミシン]


スポンサードリンク



  アンティークミシン


最近、頂いたアンティークミシンです!!

リッカーミシンなんて聞いて、懐かしいより、知らない方の方が多いんじゃないかな?


今回頂いたミシン

リッカー グレース RW-8は、昭和40年代!

おそらく、足踏みミシンと、小型ミシンが、被ってる時代かな??

同じ型で、足踏みミシンも有るようです。





IMG_1372.JPG


これが、ミシンを覆ってるカバー

今と違って、キャラクターや、柄などは、ありません!

流行り廃りが無くていいかもですね!!




IMG_1371.JPG

もちろん木製!!

職人の技が生きてます!!

頑丈そうですね!




IMG_1370.JPG


これが本体ミシンです!!

かなり丁寧に保管されていたようで、解説書もありました、

針も付いてます!




IMG_1366.JPG


今回は、ボビン、ボビンケースが無く、

取り寄せました!


赤い糸が巻いてる方が、リッカーミシン用

カラの方が、普段使いの、ジュウキミシン 職業用の物です。


大きさが違いますね、実は、ボビンの軸径も違います。

今の家庭用ミシンの物は、使えないようです!!





IMG_1367.JPG


ボビンが、違うので、ボビンケースももちろん違います!

青色の糸が巻いてある方が、リッカーミシン

カラの方が、普段使いのジュウキミシン 職業用の物です。



IMG_1365.JPG

そして、釜も違います!!角の部分が、はまり込む場所があります!

釜自体は、交換清掃しやすいように出来てました!

ここは、良いですね!!(。・ω・。)ノ♡






IMG_1363.JPG


まあ当然のようにベルトとモーターは、外付けです。


古い物なのに、ベルトに亀裂が無いのが、当時の凄いとこですね、、(;^ω^)

IMG_1369.JPG


ボロ布を縫ってみました!!4枚重ねですが、

普通に縫えます!!



IMG_1368.JPG

下糸も大丈夫!!

糸調整が、良好なんでしょう。

すごいね、リッカー!


最近、アンティークミシンが、海外で流行ってるらしいけど、

足踏みミシンじゃないから、まだ中途半端かな??


おそらく家庭用ミシンと、職業等ミシンの、中間点だったんじゃないかな??

(調べてないよ、、(;^ω^))


デメリットとしては、直線縫いしか出来ない事と、かなり重いこと!!

高い位置には、置けないし、ちゃちな台にも乗せられない!!


メリットは、殆ど、プラスチックパーツを使ってないので、壊れない、

壊れてもおそらく直せるだろう!と言う事。

シンプルなので、壊れる場所も決まってるみたいだしね。┐(´∀`)┌



もう少し遊んだら、行き先決めてあげないとな~!

あと、針もさがさないとね、、




スポンサードリンク


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

シートの座面を交換してみた! [KYOUKOとミシン]


たまには、まじめにミシンの話でも書いてみよう!!

仕事で依頼された、シートの座面の、部分張替です!!


全部交換ですと、時間がかかりますので、【私は、手が遅い、、、】

中央の切れた部分を交換することにしました。



IMG_0682.JPG



IMG_0684.JPG

今回は、車のシート座面なので、

チョット特殊な感じで、シートカバーが、取り付けてあります。


取付も特殊工具が、いるので、DIYで、ご覧の方は、注意してくださいね!





IMG_0685.JPG

外れると、こんな感じに外れます!!





IMG_0686.JPG


途中抜けましたが、中央部分のミシン目を解いていき

パーツを、なるべく綺麗に抜き出してください!!



IMG_0692.JPG


この間上下、左右が、解らなくならないように型紙となるオリジナルパーツに

書き込んでおくと良いかもしれないです!




IMG_0715.JPG

この、糸調整の生地は、生地の切り出しの失敗ものです、、、(;^ω^)

でも、糸調整に使います!!

練習用なので、本番には、使いません、、

なので、ためらいなく失敗できます!!




IMG_0716.JPG

シート生地は、生地・ウレタンの層になってますので、

ミシンの、上下糸調整は、しっかりやりましょう!!


(ダブルステッチ、シングルステッチなどを、入れていくと、ドンドン

厚い層になりますので、目飛びや、糸切れなどが起こりますので、家庭用ミシンの方は、

ミシンが破損しないためにも、糸調整は、しておきましょう。)


(工業用だと、あまり気にしなくてもいいですが、職業用、家庭用ですと、

ボビン調整も必要になります。)





IMG_0720.JPG

今回は、コーテング針を使用しましたが、

普通の厚物の、針でも平気かも??しれません

(前回使ったので、そのまま今回も使っただけです。)



IMG_0718.JPG

抑えは、シリコンの物を、使った方が良いです!!

ウレタンは、滑らないですから、滑る工夫が必要です!





IMG_0717.JPG


練習で、糸調整など、だいたい調整出来たら本番です!!





IMG_0705.JPG

何か、色々、飛ばしましたが、仕上がりました!!

今回は、中央部分のみの、交換でしたが、パーツごと、に型を取れれば、

どの部分でも、交換できると思います。


注意するところは、

生地によって、糸調整は、変ります、面倒がらずに、生地の端っこを使って、

何度も調整することをお勧めします。






nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミシン不具合? [KYOUKOとミシン]

私の使用してる職業用ミシンは、JUKI何ですが、古いモデルの物です。

厚手の物や、素材が違う物などを縫う事が多いため、

支障?か、不調?か、わからなくなる事があります。


世に言う(迷子)です。[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


今回の迷子は、目飛びと糸切れです?

それには、まず!!


ミシン自体の支障?

私の調整不良?の

なのかを確かめてから調整し直していきます!


IMG-0216.jpgIMG-0215.jpg


今回のお試し生地です!

ビニールレザーです。

ビニールレザーは、平織りや起毛生地の上にポリウレタン樹脂を型押ししたもの

の事が多いです。


最近、最も使われている生地です!


まずは、普通に、糸調子の調整をしていきます。


IMG-0217.jpg


3本縫ってみました!

表は、いい感じかな?



IMG-0222 (1).jpg


裏はゆるゆるです!

引っ張ると下糸だけ抜けます。

この場合、上糸が緩いので、糸調子を1段階づつ上げていきます。



上糸が、ゆるゆるの時は、下糸が、弱いです。


(借りもの画像です。)







ここのサイトがわかりやすく説明してます!



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

次の商品 マフラー? [KYOUKOとミシン]

久しぶりの投稿になってしまいました。

貧乏暇なしですね、、、


前回の続きですが、ショーケースが寂しいので、もう1点制作することにしました。

昔、イギリスの映画で見かけたものなんですが、マフラーのように長くなく、

付け襟のようでもない?


名前が、思いつかないので、今度調べておこうと思います。



IMG_5018.JPG

首に巻くファーです。

もちろんフェイクファーです。






IMG_5020.JPG


裏生地は、マスクとおそろいです。






今回は、違う素材の生地を合わせる商品の制作です!!


フェイクファーは、裁断方法に気を付けてくださいね!!


IMG_5016.JPG


生地裏にしっかりマーキングできるのが、良いところです!


裁断する時は、ファーの毛の中を潜らせるようにして裁断してください、

ファーの毛並みが長ければ、長いほど『ぱっつん!』な、

毛並みの仕上がりになってしまいます。





IMG_5023.JPG

ミシンがけする時も出来るだけ、毛足を中に入れたほうが良いです。

それと、ステッチの幅も大きい物にすると、ひっくり返したとき

毛を表に引きずり出す事ができます!!




IMG_5024.JPG

毛足を入れたりすることを考えると、

裏生地を下にして、縫いたいところですので、薄紙を下に引いて、縫ってみました。







IMG_5025.JPG


オレンジ側が、裏生地(薄生地)を、下にして縫いました。

緑側は、ファーを下にして縫いました。



ファー側を下にして縫うとヨレが、少なく済みます。

ですが、ミシンの性能として、送り歯(生地を送る)下にしか無いため

上の生地が、置いてけぼりになり、ヨレが起きます。


熟練者(神)は、ミシン縫いの最中生地をミシンの送りの前後で、

生地に力を加えたり、目打ちを使って、ヨレを無くします!









IMG_5027.JPG

私は、これを購入しました!!

上送り歯!!

かなりズルイ感じですが、使えるものは、何でも使います。


これは、ミシンのアタッチメントの一つです。







IMG_5026.JPG


青が、ファーを下にして縫ったもの

赤が、上送り歯を使用したものです!!


上下で、送っていくためヨレが、出ません!!

早く使えばよかったよ~



IMG_5034.JPG


因みに、仕事上私を悩ますウレタン縫いの目飛びもありませんでした!!

かなりいろんな素材の合わせ技が出来そうです!





まとめ


今回は、素材が違う生地を合わせるため、生地の性質を事前に知っておいた方が、

失敗を、いくらか、回避できるかと思います。


ファーの裁断、ミシン縫いの試し縫いなど、忘れずやったほうが良いです。

次は、制作を投稿したいと思います。





IMG_5029.JPG





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立体マスク 4 (終わり) [KYOUKOとミシン]


いよいよ立体マスクも終わります!!


IMG_4797.JPG


マスクのゴムを通すところを作ります!

05mm、1cmと折り返すんですが、

やはり事前にアイロンで、抑えておくことをお勧めします!!


方眼用紙の厚紙を使い簡易の、アイロン定規を作りました!!





IMG_4796.JPG


ゴムも、生地の色に合わせた、ベージュにしました、

購入された方が、自分で調整出来るように少し長めです。


マスクのゴムを買うと、一緒にゴム通しも付いてきました!!

ちょっとお得感ですね!![わーい(嬉しい顔)]





IMG_4795.JPG



こんな感じで仕上がりました!!


WEBのDIY商品で売るので、ディスプレイも、考えないといけないですね?

後、値決め、発送方法、まだまだありますね。[ふらふら]


商品もあともう一つぐらい考えないとな、、、ショウルーム寂しすぎ、、、







まとめ


今回で、立体マスクの制作は、終了な感じ!

途中で出てきた方眼紙の、アイロン定規は、市販品が有ります。

今回私は、方眼紙で、事足りましたが、有ると便利だと思います。



WEBで、DIY商品を売ってる方は、もっと原価とか、生産量とか、考え、計算してらっしゃるそうです。

私は、まだまだですね~。

これからいろいろ計算できるようになるのかな??(頑張ろう、、、)




nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

立体マスク 3 [KYOUKOとミシン]


立体マスク 3


前回、開きにした柄側生地と、内側になる白生地を、

中表にして合わせます。



IMG_4674.JPG


アイロンで、開いておきます!


IMG_4673.JPG


こちらもしっかり!!



IMG_4675.JPG

表側から見るとこんな感じ!!





IMG_4676.JPG


白側もこんな感じ!!




IMG_4680.JPG


表になる側を内側にして縫います!!

表と裏を合わせます!!



IMG_4683.JPG


生地が薄いため、一番下に薄紙を引きました、、




IMG_4684.JPG

マグネット定規と言うものが、本来あるのですが、

冷蔵庫の横にいいマグネットが有りましたので、代用しました。


直線縫いは、縫い目より、マグネットにあたる部分を見ながら

縫う方が、良いようです!(個人的な意見ですよ!)








IMG_4686.JPG


何とか立体マスクの表裏を縫い合わせました!!



IMG_4687.JPG


これをまた、縫い代を開きます!!

(アイロンは、かたずけられません!!)


IMG_4692.JPG


裏返してまた、アイロンがけします。





まとめ


マグネットのミシン定規は、意外に楽ちん作業が出来ました!!

本物は、もっとイイんだろうな~!!


薄生地は、縫い始めに生地が、ツル感じなので、最初と最後に生地の下に薄紙を入れてみました。

表と裏を合わせるぐらいの厚さまで行くと上手い方なら、薄紙なしでいけるかな?







nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - KYOUKOとミシン ブログトップ